春日眼科 往診 白山 文京区小石川 白内障 緑内障 ドライアイ

春日眼科 往診 白山 文京区小石川 白内障 緑内障 ドライアイ

電話:03-3815-0177

東京都文京区小石川1-13-12 WAKOU小石川ビル1階

事前にダウンロードして記入したものをご持参いただければお待たせする時間が短縮できます。

出来る範囲で結構ですのでご協力お願いいたします。

診察申込書 問診表
春日通信
Mobile Site

春日眼科のモバイルサイトです。QRコードをご参照下さい。

http://www.kasugaeye.com/m

目の病気一覧

受診の必要な病気

白内障

晶体(レンズ)の濁りが原因で視力低下をきたします。加齢による老人性白内障が最も多くみられますが、代謝異常や全身疾患に伴うもの、薬剤性、外傷性、物理的化学的障害などもあります。点眼薬が投与されますが、白内障による視力低下の場合は、多くは白内障手術で視力回復がみられます。眼科受診をお勧めします。

緑内障

眼圧上昇などで眼球内の視神経が障害をうけ、視野狭窄をきたす眼病です。40歳以上の日本人の約5%の方に緑内障があり、進行すると失明に至ることもあります。眼圧が正常な緑内障が多くみられ、定期的な視野検査が必要です。視野狭窄の進行程度により、点眼、薬物、手術療法が選択されます。レーザー治療必要なこともあります。健診などで視神経乳頭陥凹や眼圧上昇を指摘された場合は、眼科受診がお勧めします。

ドライアイ

涙液分泌の低下や、涙液蒸発亢進による目の乾燥症状です。目の乾燥感、異物感、灼熱感、充血などの症状があり、角膜保護作用の点眼薬、乾燥を抑える点眼薬、涙分泌を賦活させる点眼薬等が投与されます。症状が強い場合には、瞼にある涙点(涙が鼻にぬけるためにある涙道の入り口)にプラグを挿入して閉鎖し、渇きを抑える治療をします。眼科受診をお勧めします。

眼精疲労

「目が疲れる」という症状を訴えます。屈折、調節異常や眼球の位置異常、運動異常、結膜炎、VDT症候群、ドライアイなどによって多くは生じます。また、むち打ち症、全身疲労、心的ストレスなどによっても目の疲れを感じる場合があります。眼科受診をお勧めします。

加齢性黄斑変性

加齢に伴う黄斑(網膜の中心部)異常で、黄斑の委縮を主体とする委縮型と黄斑の網膜下にある組織の脈絡膜(網膜を支持する色素のある膜)新生血管を主体とする滲出型とがあります。喫煙や最近の食の欧米化により患者数が増えており、失明に至ることもあります。加齢黄斑変性症に対して開発されたサプリメントが有効なことがあります。滲出型に対しては、進行の程度により、抗VEGF抗体療法や光線力学療法(PDT)などの治療がなされます。眼科受診が必要です。

ものもらい

主にマイボーム線などの瞼にある分泌腺の細菌感染による急性化膿性炎症をいいます。「めばちこ」ともいわれることもあります。治療には抗生剤が投与されます。また痛みはなく慢性的な肉芽腫性炎症になったものを麦粒腫と言います。お早めの眼科受診をお勧めします。

結膜炎

白目の表面を覆っている透明な膜で、外界からの目のバリヤーの働きのある血管が豊富な透明な膜を結膜といい、結膜の炎症を結膜炎と言います。細菌、ウイルス、真菌(カビ)などによる感染性結膜炎、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉やダニなどのハウスダストなどアレルギーを引き起こすもの(アレルゲン)よるアレルギー性結膜炎、乾燥が原因の乾性角結膜炎などがあります。症状に応じて薬剤が投与されます。眼科受診が必要です。

角膜腫瘍

角膜の表面(上皮層)を超え、やや深部のボーマン膜を乗り越えて角膜欠損が及んだ状態をいいます。細菌、真菌(カビ)アカントアメーバなどによる感染性角膜潰瘍と糖尿病や神経麻痺、兎眼などによる非感染性のものとがあります。症状に応じて薬剤の投与が必要で、角膜混濁を生じると視力低下の原因ともなり、眼科受診を要します。

強膜炎

眼球の白色の組織(いわゆる白目の部分)炎症です。多くは充血を伴う痛みを訴え、異物感、まぶしさ、涙目(流涙)を訴えます。ステロイド剤などの抗炎症剤が投与されます。眼科受診が必要です。

ぶどう膜炎

眼球の色素のある組織で虹彩、毛様体、脈絡膜をあわせてぶどう膜といい、その組織の炎症をぶどう膜炎といいます。眼球の主な炎症部位で前部ぶどう膜炎、中間部ぶどう膜炎、後部ぶどう膜炎、および眼球全体に及ぶ汎ぶどう膜炎と大別される。原因は様々あり、全身疾患からも引き起こされる場合があり、様々な眼合併症をきたすことがあり、失明に至ることもあるため、眼科受診が必要です。

飛蚊症

眼球内の硝子体という部分(眼球内の空洞)での何らかの濁りが、蚊が飛んでいるように見えたり、雲が動くように見えたりします。多くは硝子体の線維が集まったものですが、網膜(光を感じる膜)に孔があいた時や、出血によって生じることもあります。網膜の孔(裂孔・円孔)から網膜が剥がれ、失明にいたることもあります。網膜の孔が小さいものはレーザー治療ですむ場合もあります。近視の方に多くみられ、早めの眼科受診をお勧めします。

網膜剥離

網膜(光を感じる膜)に開いた孔(裂孔・円孔)がもとで網膜が剥がれた状態です。多くは手術が必要です。黄斑(網膜の中央部)まで網膜が剥がれると、手術をしても視力の低下や失明に至ることがあります。飛蚊症の症状があると網膜剥離に至ることがあります。眼科受診が必要です。

斜視・弱視

目の位置ずれがあり、左右の両目で見る能力に異常があるものを斜視といいます。何らかの原因で、両目で一つに合わせ見る能力が妨げられたときに、目の位置ずれがおきるものを斜位といいます。また眼球・視神経に異常がないにもかかわらず視力の悪い状態を弱視といいます。斜視・弱視の原因は様々あり、斜視・弱視専門眼科医の受診が必要な場合があります。